保育園のお着替えにおすすめの春の服、この4つを抑えればOK

チューリップ畑

4月といえば、保育園入学の季節。4月入所の決定通知は、2月ごろに手元に届く自治体が多いかと思います。激戦区の方もそこまでではない方も、どきどきしながら通知を待っていることでしょう。

無事保育園が決まったら、今度は入園の準備が始まります。保育園では毎日数回のお着替えがあるため、多めに服を準備しないといけないんですが、これが結構大変。今までは、おしゃれ、かわいいを基準に選んできた服も、保育園ではまた違った基準で選ばないといけません。

保育園用の服を選ぶポイントを知らないと、せっかく買った服も、休みの日数回しか着ないうちにサイズアウトなんてもったいないことになってしまうかも。

そんなことにならないためにも、保育園用の服を買う時に押さえるべきポイントをみていきましょう。

ただし、保育園によって指定の服装がある場合は、その指示に沿って用意してくださいね。

保育園服の選び方や雨の日対策など、保育園準備に関する記事一覧はこちらからどうぞ。

SPONSERD LINK

保育園での服装 抑えるべきポイント

裾や袖の長さに注意!

すぐに大きくなる子供のために、ワンサイズ大きめの服を買うことはよくあります。しかし、大きいTシャツだと手を洗ったりご飯を食べたりするだけですぐに袖がびしょびしょに。。大きな上着は遊具などに引っ掛かりやすくなりますし、ズボンが大きいと裾を踏んでしまうのでとても危険です。

保育園ではなるべくジャストサイズの服を着せてあげたいもの。。とはいえ、すぐにサイズアウトしてしまうことを考えると、なかなか難しいですよね。そんなときは、七分丈のTシャツやズボンでワンサイズ上げると、裾や袖をまくらなくてもちょうどよかったりします。

なるべくシンプルな服がおすすめ

忙しい保育士さんは、着替えの際に服をコーディネートする時間なんてありません。お迎えに行ったら、上はオレンジの車がいっぱい付いたTシャツに、下は緑の怪獣柄!なんて、目に優しくないコーディネートの息子に会うこともしばしば(笑)。その格好で、帰りにスーパーによると、ちょっぴり照れます。「私が着せたんじゃないんです~」と、誰も気にしてないのに言いたくなるほどです。まあ、半年もすれば慣れますけど(笑)。

そのため、なるべくシンプルな服を選ぶと、サイケデリック(?)なコーディネートにならないのでおすすめです。上か下のどちらかだけを必ず無地にする、という手も使えます。

洗い替え用に複数セット用意する

毎日洗えば大丈夫でしょ、とお思いのあなた。甘いです。保育園にもよりますが、1日の着替え+保育園に置いておく着替え+洗濯用の替え、と、結構な枚数の服が必要となってきます。夏場は、泥だらけ、水浸し、になって遊ぶので、1日3~4セット着替えることも良くあります。これくらいかな、と思う枚数+2セットくらい用意しておくと便利です。

もちろん実際に保育園に入園してから準備しても大丈夫ですが、入園直後は親も仕事復帰などで忙しかったり、今までと違った一日のスケジュールに慣れるのでいっぱいいっぱいになりがちです。余裕をもって、早めに準備しておくことをおすすめします。

お名前つけも忘れずに!

保育園、幼稚園グッズには、どんな小さなものにも名前をつけなければいけません。最近はシールやスタンプなどの便利グッズが色々出てるので、1セットでも持っておくと便利ですよ。

実際にはどんな服を用意すればいい?

薄手の上着(フードなし)

春とはいえ、三寒四温でまだまだ寒い日も多い3~4月。少しずつ昼間の気温が上がってきても、登園時の朝晩は結構冷えるため、薄手の上着が必須です。

フードのついたパーカーを子供が着ているのがかわいくて大好きなんですが、実は保育園では「フードのない服」を指定されることが多いです。これは、遊んでいるときにフードがあると、引っかけてけがをする可能性があるからなんです。確かに、すべり台などの遊具にフードが引っかかってしまうと大変危険ですね。

上着を選ぶときは、フードが付いていないものまたはフードが収納できるタイプを選びましょう。

icon

【子供服・ベビー服・通園・通学服】フード収納ができるポケッタブルウインドブレーカー icon

長袖Tシャツ

夏以外は常に大活躍するのが長袖Tシャツ。いくつあっても困りません。洗い替え用に多めに用意しておきましょう。薄着を推奨している保育園も多く、「冬でもトレーナーやセーターはNG!なるべくTシャツにしてください!」という園もあります。また、カーディガンのように前ボタンの多い服も、着替えが大変なためあまり好まれません。

 

icon

天竺長袖Tシャツ icon

シンプルなボーダーは合わせやすくていいですね。さわやかな春におすすめです。

icon

動物ユニーク長袖Tシャツ icon

何枚もお着替えを用意する必要があるので、かわいい動物柄の長袖Tシャツなんかもアクセントになっていいですよ。主張しすぎないので、こちらも合わせやすいです。

4月にもなると、昼間は夏日なんて日も増えてきます。気温が高くなってきたら半袖のTシャツも準備しておきましょう。半袖Tシャツなどはこちらの記事でも紹介しています。

肌着

まだ小さい頃は、おなかが冷えないように股下スナップの下着をよく着ていますね。でもこれがダメな保育園も多いです。理由はやはり、着替えに時間を取られてしまうから。保育園のお着替えには、ロンパースタイプではない肌着を用意しましょう。

短いとズボンから出てしまいお腹が冷えるので、肌着に関してはワンサイズ大きめか、裾が長めのものがおすすめです。

icon
【子供肌着・男児】タンクトップ3枚セット icon

ズボン

サロペットのように上下が繋がった服は、トイレの際に不便なため着せてこないでくださいという保育園は多いです。また女の子のスカートも、運動に適さないため、保育園ではズボンを履かせてあげましょう。

生地が伸びて動きやすいズボンを数枚用意しましょう。特にトイレトレーニングが始まるとズボンの替えが毎日複数枚必要になります。

春、夏、秋は七分丈のズボンがおすすめ

熱い夏は短パンがいいという方もいるかと思いますが、私がおすすめするのは七分丈のズボンです。七分丈のよいところは、膝が出ないこと。外でいっぱい走り回る子供は、よく転びます。膝が隠れているだけで、短パンよりも怪我が軽くなる可能性が高まります。

そして、七分丈は、ワンサイズ大きめを買っても、裾が長すぎなくてちょうどよかったりします。子供が成長することで、春にはぴったり十分丈、夏には七分丈と、ジャストサイズではけるのでとっても便利ですよ。

icon icon
【ベビー服・保育園・通園】裾リブ七分丈モンキーパンツ icon

保育園にぴったりのシンプル子供服

私が保育園用の服をよく買っているのは、「ベルメゾン」です。今回ご紹介したのも全てベルメゾンの子供服です。

大人の服からおうちの雑貨、家具など色々買えて有名なサイトですが、ここの子供服の特徴は、「シンプル」でしっかりしたものが多いということ。子供服だとついつい柄物が増えてしまいますが、「ベルメゾン」には無地だったり、シンプルで合わせやすい子供服がたくさんあります。複数枚買うと安くなったりと、洗い替え用に色違いで買うのにお得な服もあります。

ベルメゾン公式ページはこちらから「ベルメゾンネットwww.bellemaison.jp

通園にぴったりな100cmくらいまでの子供服は、ベルメゾン公式ページの「ベビー服・ベビー用品」から購入できます。

ベルメゾンネット ベルメゾンネット

 

通園時の雨対策ならこんな記事もあります。

サブバックにいかがですか。

季節ごとの保育園のお着替え、登園時の雨の日対策など、保育園関連記事一覧はこちらからどうぞ。

SPONSERD LINK

コメントを残す

*