妊娠中にカフェインはNG!どのくらいの量なら大丈夫?

コーヒーとスプーンの画像

紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーヒー、と、ちょっと一息には欠かせない飲み物たち。大人になって甘いジュースがちょっと苦手になってからというもの、これらの飲料なしには私の一日は終われません。

ところが、みんな大好きなこの飲料たち、全てにカフェインが含まれているって、ご存じでしたか。私は妊娠してから初めて知りました。。カフェインの含まれている飲料が世の中にどれほど多いことか。外出時に自動販売機を目にしたら、ちょっと覗いてみてください。水とジュースを除くと、ほぼカフェインINです。

そう、妊娠中一番不便に思ったのが、「カフェイン」を摂取してはいけない!というところ。じゃあ、妊婦がカフェインを摂取した場合には、体やお腹の赤ちゃんにどんな影響があるのか、そして、どのくらいまでのカフェインなら影響がないのか、調べてみました。

SPONSERD LINK

妊娠中にカフェインを摂取することによる影響

妊娠中にカフェインを過剰摂取した場合、主に以下のような影響があります。

  • 低出生体重児の子供が生まれるリスク、および、流産をする確率が高くなる
  • 妊婦に必要なカルシウム及び鉄の吸収が阻害される
  • 胎児はカフェインを代謝できないので、胎児の体に多大な負担がかかる

ここでのポイントは、「過剰摂取」をした場合に、リスクが高まるということ。一日に少量のカフェインを摂取することは問題ない、と言われています。つまり、コーヒーや紅茶を一滴も飲んではいけないわけじゃないんです。

妊婦が1日に摂取可能なカフェインと、飲み物との関係

飲料中のカフェイン含有量

コーヒーやお茶といった飲み物は、100mlの中にこれだけのカフェインが含まれています。コーヒーに対して、紅茶は半分、煎茶やウーロン茶は三分の一程度のカフェインが含まれているんですね。

       <カフェイン量(約)/100ml> 
コーヒー    60mg
紅茶      30mg
玉露      160mg
煎茶      20mg
ウーロン茶   20mg
ココア     30mg
コーラ     13mg

各飲料の1日に飲んでいい量

実は日本では、妊婦のカフェイン摂取に関する基準は、設定されていません。しかし、英国食品安全庁(FSA)は1日200mg、カナダ保健省では1日300mgを超えないように、という基準を出しています。ここでは1日のカフェイン摂取量200mgを上限として見てみましょう。

1杯あたり150mlと考えると、1日に飲んでも大丈夫な量は、大体このくらいになります。

  • コーヒー2杯(300ml、含有カフェイン180mg程度)
  • 紅茶4杯(600ml 含有カフェイン180mg程度)
  • 煎茶、ウーロン茶6杯

もちろん、コーヒーやお茶の入れ方、種類によってもカフェイン量は変化しますが、大体の目安はわかっていただけたかと思います。

また、お茶に含まれるタンニンには、カフェインの作用を穏やかにしてくれるので、他の物を飲むよりはお茶を飲む方が、よりカフェインの影響は少なくなります。

 

というわけで、カフェインについて色々見てきました。妊娠中の息抜きのために、おいしいお茶やコーヒーはとてもお役立ちです。コーヒーや紅茶が好きな方は、カフェイン過剰摂取とならない程度に飲み物を楽しみたいですね。

とはいえ、なるべくカフェインを摂取しない、というのはやっぱり基本。ノンカフェインや、デカフェの飲料は、妊娠・授乳中に大活躍です。というわけで、おいしいデカフェ飲料や、気になるデカフェの方法(脱カフェイン法)についても調べていきたいと思います。

おすすめデカフェ飲料についてはこちら。

脱カフェイン法についてはこちらの記事をどうぞ

参考資料等:

食品安全委員会 食品中のカフェイン

※なおこの記事は、過去の記事を統合し、リニューアルしたものです。

SPONSERD LINK

コメントを残す

*