カフェインレスインスタントコーヒー3種~ネスカフェ、マウントハーゲン、クライスを比較しました

デカフェコーヒー

本格的に冬が到来しています。最近本当に寒い日が増えましたね。こんな寒い日は、あたたかいコーヒーでほっと一息つきたいものです。

しかし、コーヒーで気になるのは「カフェイン」ですよね。妊娠中や授乳中のママ以外でも、カフェインの悪影響を気にする方も多いはず。

というわけで今回は、カフェインレスのインスタントコーヒーで有名な3種類を飲み比べてみました。

カフェインレス飲料が逆に体に悪影響を与えるのでは?と心配している方も、カフェインを除去(デカフェ)する方法にもこだわっているものばかりなので安心してご覧くださいね。

SPONSERD LINK

気になるカフェイン除去方法については、こちらの記事をどうぞ。

カフェインレスインスタントコーヒーといえばこの3種

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス


コーヒー ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 80g

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレスの特徴

「ネスカフェ ゴールドブレンド」の味わいはそのままに、自然の水だけを使用する独自の製法でカフェインを97%カット。「コーヒーは飲みたいけれど、カフェインが気になる」という方、また夕方以降にコーヒーを飲むのが気になる方にも、お楽しみいただける、やさしいコーヒーです。ネスレ商品ラインアップより

いわゆる「水抽出」と呼ばれるデカフェ方法は、いったん水で抜いた成分に「有機溶媒」という科学物質を使用してカフェインを抜く、という方法をさします。ちなみに、一般的にデカフェに使用される「有機溶媒」とは、ウレタン発泡助剤や冷媒等に使用されている、「ジクロロメタン」という物質です。皮膚に触れると薬傷を起こしたり、蒸気を大量に吸入すると急性中毒を起こすことのある、あまり安全とはいえない物質です。

しかし、ネスカフェゴールドブレンドカフェインレスは、「自然の水だけを使用する独自の製法」となっているので、「有機溶媒」を使用していないことが安全ポイントです。

飲み比べた感想

我が家はもともと通常のゴールドブレンドをよく飲んでいました。そのため、最初カフェインレスを飲んだ時は、ちょっと全体に薄味だな~、という感想でした。良い言い方をすれば、上品な味です。

こんな言い方をするとあまりおいしくないのか?と思われそうですが、実は私は一番好きです。今回比べた3つの中では、一番酸味が強く、苦みが少ないのが、個人的に好みです。ただし、他の2つと比べるとコクがなくて物足りないという方も多いかも知れません。主人としても、少し物足りないという感想でした。

マウントハーゲン オーガニックフェアトレード カフェインレス


マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレス

マウントハーゲン オーガニックフェアトレード カフェインレスの特徴

高地有機栽培のアラビカ豆100%ブレンドです。自然なカフェイン除去プロセスにより本来の深く豊かな味と香りをそのまま残しています。カフェイン残留率0.3%未満。欧米で特許を持つ天然の液体CO2と水だけでカフェインを除去する方法(いわゆる超臨界二酸化炭素抽出法)の採用により、本来の深く豊かな味と香りをそのまま残しています。
Amazon マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー 商品の説明 より

MOUNT HAGEN社のホームページがドイツ語しか見つけられなかったため、Amazonの商品紹介から特徴を引用させていただきました。

超臨界二酸化炭素抽出法は、現在あるカフェイン除去方法の中でも特に安全で、コーヒーの味を損ないにくいと言われています。また、オーガニックのコーヒー豆を使用していることも、安心ポイントです。

飲み比べた感想

ゴールドブレンドよりコクを感じるが、クライスと比べると酸味が強い感じがする、というのが主人の感想でした。私としては、一番コーヒーの香りが強く、口に入れた瞬間の苦みが一番強いのはこれかな、という感じです。

苦みもありますが、コーヒー本来の味の深みや芳醇な香りがあって、デカフェとは思えません。実際インターネット上でも、デカフェではこのコーヒーが一番!という方も多いです。難点は、少し値段が高いかな、というところですね。

クライス カフェインレスコーヒー


クライス カフェインレスコーヒー 50g

クライスカフェインレスコーヒーの特徴

厳選された「アラビカ種コーヒー豆」を使用し、コーヒー本来の風味を損なうことなくカフェインを「99.7%」カットしました。コーヒー本来の酸味・香りが程よく調和した逸品に仕上っています。

カフェイン抽出法
カフェインの除去は化学薬品を一切使用しない超臨界二酸化炭素抽出法で行っており、安心してお飲みいただけます。
クライスカフェジャパン カフェインレスコーヒー より

クライスカフェインレスコーヒーもマウントハーゲンと同様、安全な「超臨界二酸化炭素抽出法」を使用しています。

飲み比べた感想

夫は、コクも感じられ酸味が少ないため一番好みだと言っていました。一方私は、一口目に感じる苦みが少し強い感じを受けました。確かに酸味としては一番少ないかもしれません。コーヒーの味や香りもしっかりしていて、全体的にバランスのよいコーヒーだと思います。 

我が家のコーヒーランキング

私と主人が飲み比べて、好みの順に3種類をランキングしました。ちなみに、主人はブラック派、私はカフェオレ派です。

主人のランキング

  1. クライス
  2. マウントハーゲン
  3. ネスカフェゴールドブレンド

私のランキング

  1. ネスカフェゴールドブレンド
  2. マウントハーゲン
  3. クライス

と、好みが真っ二つに分かれました。たまたま「酸味無し派」の夫と、「薄味派」の私が比べたので「マウントハーゲン」が2位になっていますが、コーヒー好きな人が選ぶのは間違いなく「マウントハーゲン」だと思います。あ、あと私の場合、いつも飲みきる前にコーヒーが冷めているので、冷めた時には苦みの少ない「ネスカフェ」が好み、という特殊事情もあります。

と、あまり参考にならない比較でしたが、みなさんのデカフェコーヒー選びのお役に立ちましたでしょうか。それぞれいいところがあるので、色々試してみてくださいね。

 

おすすめデカフェ飲料については、こちらの記事もどうぞ。

妊娠中のカフェイン摂取の影響については、あわせてこちらの記事もどうぞ。

 

参考資料等:

Weblio辞書 ジクロロメタン(CH2Cl2)

SPONSERD LINK

コメントを残す

*